<< 白黒写真の現像&プリント(ブローニー) | main | POPサーカス! >>
2019.03.16 Saturday

13年ぶりの白黒写真現像&プリント(35mm)

0

     

    先日のブロニカ撮影に引き続き35mmフィルムの撮影。

    このフィルムは押入れで十数年の時を過ごし、すでに使用期限を10年以上越しているが、

    もしかしたら使えるかもと思い撮影してみることに。

    だが35mmフィルムが入るカメラがないではないか!

     

    でハードオフに行ってジャンクカメラを物色していたらオリンパスのコンパクトフィルムカメラの比較的程度の良さそうなものがあったので、524円でゲット。

    CR123電池の代わりにLR44を4個直列につないでいれて動作確認。ちゃんと動いた!ホッ。

     

    このカメラはコンパクトながら100mmズーム機能付き。

    フィルムを装填して裏蓋を閉じると自動でフィルム巻き上げが始まる!なんだか感動。

     

    ちゃんと写っているかは現像してみるまでわからない。さっそく撮影だ!

     

    3/8に八ヶ岳少年自然の家で星をみるイベントがあり、家族で出かけた。

    自然の家の周りでパシャパシャとシャッターを切る。切るたびに自動でフィルム巻き上げる。

    イベントは望遠鏡で月を見たり、手作りのランプを作ったりとなかなか楽しめた。以前からひそかに狙っているスコープテックの望遠鏡があり、映りの良さに感心。やっぱりレンズって大事だね。

    http://scopetown.jp

     

    で、少年自然の家の周りでパシャパシャと撮ったフィルムを週末に現像!

    出てきた出てきた。ちゃんと写っているじゃないですか!

    524円カメラと10年以上前の期限切れフィルムでちゃんと映るじゃないですか。

    フィルム現像の次はプリントでしょう!

    これも10年以上前のイルフォード印画紙。これで露光時間を調整。

    ん、短時間でもやけに黒いな?

    試しに露光してない印画紙を現像してみた。。。灰色になるではないか!

    そこで同じ時期に買った富士フィルムの印画紙で試してみた。真っ白のまま。

    露光時間振りしてプリントしてみると時間に比例して像がこくなっているではありませんか!使える!ということで富士の印画紙を使用。

    ひさしぶりにプリントしました。あっというまに4時間ほど経ってしまい、はじめは面白がって一緒にやっていた娘もすでに眠りについています。

    定着の終わった印画紙を水洗し水を切って乾かします。

    六つ切へのプリントでも、ISO400の35mmフィルムは中判に比べて粒子が粗いのがわかりますね〜。でもそれも味の一つ。

    プリンタで印刷するのとは全く次元の違う質感が再現できている。気がします。

    ところどころ白い点があるのはフィルム上のほこりです(笑)。まるでアナログのレコードみたいだね。

    こういうのもアナログの味ってことで。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM